初心者ブロガーが間違えやすいブログ記事の基本ルール

スポンサーリンク
このブログで伝えたい事
ブログをはじめたばかりの初心者ブロガーが気付かずにやってしまう(自分もそうだったのですが・・・)注意事項を確認の為に書きました。

せっかくブログをはじめたのに間違った方法で進むのは危険です。

この記事で解決出来る事
ブログ記事を書く上で簡単な説明書(ルール確認)になればそれでOKです。
一度確認し読みやすいブログ記事を書きましょう!

この記事では特に大切な10個のルールを説明していきます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブログ記事を書く基本の10ルール

サポート

 

ブログ記事で大切なのは、読者に対しての読みやすさが一番大切です。

いわゆる「良質な記事」という事です。

ルールを守れば読みやすい記事は誰にでも書けます。

初心者がまず確認するべき記事の書き方はこの10項目
1 . ブログ記事のタイトルは長くてもOK
2 . h1(見出し1)は使用しなくて良い
3.  1つの文章は3行以内で納める事
4.  文章ばかりではなく画像・装飾を入れる事
5.  画像は圧縮「jpg」で入れる事
6.  リンクバナーは極力避ける事
7.  常に書く目的はキラーページへの誘導
8.  記事更新は毎日がベスト
9.  パソコンとスマホでは記事の見え方が違うので確認
10.書きたての記事が読まれるのは半年後の事

初心者ではないという方もブログ運営の再確認になればと思います。

では、一つひとつ説明してきます!

 

1.ブログ記事のタイトルは長くてもOK

ブログ運営長期運用

まず最初にブログ記事のタイトルの長さについてです。

よく推奨されるのは長くても「32文字以内」です。

しかし、実際のルールは「キーワードの左詰め」であって、その先の文章の長さは基本SEO的には問題なしです。

「キーワードの左詰め」ルールとは?
検索で狙ったキーワードを左側に寄せれば寄せるほどSEO効果があると言われてます。

検索キーワードを2~3個ほどを組み合わせて文章を作るのがベストです。

例)「〇〇〇が■■■で△△△△の~対処法は?」

狙ったキーワードが 〇〇〇≫■■■≫△△△△ の順で左側に求めている強いワードを入れる事が大切です。

 

2.h1(見出し1)は使用しなくて良い

ブログ記事作成のルール

記事入力画面の左上段落ボタンを押すと「見出し1(h1)~見出し6(h6)」まであります。

見出しは「1≫2≫3≫4≫5≫6」の順番で見出し1が一番強い役割を果たしてます。

文章を打つ時の見出しの選び方(役割)を紹介します。

 

見出し1(h1)

見出し1

見出し1(h1)は上記の赤枠でくくられているタイトルの部分が実質の「見出し1(h1)」になります。

なので文章の部分で見出し1(h1)を使うとタイトル(表題)が二つになり変な記事構成になります。

 

見出し2(h2)

見出し2

見出し2(h2)は段落分けに使われます。

見出し2(h2)SEO的にも効果が高く狙っているキーワードを最低一回は入れましょう!

 

【衝撃発言】 ぶっちゃけて話しますと・・・・

見出し3(h3)から下の見出しは使用してもしなくても良いです。
見やすく記事を段落を分けて書きたい時は見出し3(h3)を使いましょう!

見出し4(h4)以下はSEO効果もないので段落分けで使用しましょう!

 

3.1つの文章は3行以内で納める事

副業稼ぐ

文章を書く時の注意点です。稼いでいるどのブロガーにも共通する点で、文章を長々と書いてしまうと、読者にとっても読みにくくなります。基本読書は「マンガ」だけという人が多い世の中です。文章をつなげて長く書いてしまうと小説の様に文字だらけになり読むのも、めんどくさくなる為読むのを諦めて離脱してしまう率が上がる為オススメしません。

 

試しに長文続けて書きましたが、実に読みづらい・・・・

上記の文を正しく修正すると・・・・

文章を書く時の注意点です。

稼いでいるどのブロガーにも共通する点で、文章を長々と書いてません。

長文は、読者にとって読みにくいです。

基本、読書は「マンガ」だけという人が多い世の中です。

文章をつなげて長く書いてしまうと小説の様に文字だらけになり読むのも、めんどくさくなります。

読者が読むのを諦めて離脱してしまう率が上がる為オススメしません。

 

どんなに長くても3行が精一杯です。

なるべくなら2行以内を心がけて長文は避けましょう。

 

4.文章ばかりではなく画像・装飾を入れる事

装飾

記事作成で大切なのが文章の装飾です。

・読者が文字ばかりで飽きが来ないようにする
・枠などで囲い大切な文面を目立つようにする

そう言った意味合いがあるので文章作成に装飾を忘れ時におこないましょう!

 

5.画像は圧縮「jpg」で入れる事

画像圧縮

(赤枠の場所に写真をアップロードするだけで写真が圧縮加工されます!)

画像をwordpressにUPする前に必ず画像を圧縮擦ることが大切です。

画像の種類も「png」ではなく「jpg」でUPする事

「png」は画像サイズ(容量)が大きいのでNGです。

画像を圧縮することにより、サイトページの表示速度が上がります。

SEO対策になりますので絶対に圧縮してください。

画像圧縮はダウンロード要らずでネット上で圧縮出来る下記のサイトがオススメです。

リンク 画像圧縮サイト 「Tiny PNG」 公式ページへ

ほとんどのブロガーが上記のサイトで画像圧縮してます。

 

6.リンクバナーは極力避ける事

リンクバナーとは?

クリックするとリンクページに飛ぶ広告ボタンの事です。

いかにもの広告なので人は警戒します。

アフィリエイト広告で商品ページに移動しやすいのは、圧倒的にテキストリンクの方が成約率が高いです。

テキストリンクとは?

wordpress 有料テーマ「Diver」デモサイト公式ホームページへ

 

7.常に書く目的はキラーページへの誘導

ビットコイン

キラーページとは?

アフィリエイト広告記事などで稼げる記事の事をキラーページと呼びます。

数あるブログサイトの記事の中でお金を稼げる「キラーページ」にどれだけ誘導出来るかが、稼ぐ為のポイントです。

8.記事更新は毎日がベスト

記事をたくさん更新してストックする事は大切です。

しかし、そのたくさんの記事をいっぺんに「公開」するのは勿体無いです。

どうして勿体無いのか?

いっぺんに1日で記事を上げてしまうと、次ブログ記事を新しく書き上げるまでに時間がかかってしまいます。

毎日休むことなく記事を書き続ける事は大変です。

Googleは、あなたのブログサイトをクローラーで巡回してます。

Googleは、毎日あなたのブログサイトの動きを見てます。

GoogleのSEO対策のひとつとして効果的なのが「毎日の記事更新」です。

ある程度記事をストックして、毎日1記事づつ確実に記事を更新していきましょう!

 

9.パソコンとスマホでは記事の見え方が違うので確認

ブログ運営

パソコン画面で記事作成している人は要注意事項です。

スマホ画面で特に多いのが・・・

・装飾した文章の表示が崩れて表示されている事
・画像や表の表示が画面から切れていて見えない

この2つの確認を必ずおこないましょう!

せっかくしっかり書いた記事の表示が崩れているとショックですからね。

 

10.書きたての記事が読まれるのは半年後の事

ブログげ稼ぐ事

ブログ記事を書いて「Google-search-console」にインデックスしても最低3ヶ月は、検索上位表示されることは基本ありません。

参考記事 孤独に耐え切れず初心者ブロガーは一年で8割が辞めていく理由

ブログ運営で大切なのはこの下積み時代がを乗り切る事です。

 

ブログ運営は農業と同じ

ブログ運営

ブログ運営は農業と同じで下準備が大切です。

ブログ運営

必死に量産して種(記事作成)をまく

ブログ運営

3ヶ月後やっと芽が出はじめて

ブログ運営

半年経った位から収穫出来て稼げるようになります。

ブログ運営で稼ぐには長期間の辛抱が必要なのです。

すぐにたくさん稼いで楽したい!

残念ながらそんなにブログ運営は、甘くありませんので心してはじめる事が必要です。

ブログ運営ですぐに稼ぎたいならアフィリエイト広告記事作成をおすすめします。

参考記事 ブログ運営でGoogleアドセンスをそんなに期待してはいけない

 

ブログ運営は長旅である

月間収支法報告

ブログ運営で稼ぐには長期間の運営が必要です。

気長に人生を楽しみながらおすすめします。

 

副業の順番

短期で稼ぐ副業は他にもたくさんあります。

参考記事 副業初心者でも難易度が低くお金を稼ぎやすい副業の順番は?

初心者ブロガーは焦らず他の副業で稼ぎつつブログ運営を楽しんでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました