スポンサーリンク

Payとは、何か?

最近【◯◯ペイ】という言葉が日常化してきました。

英語でペイの意味は、「支払う」「採算がとれる」という意味です。

日本のペイの意味合いは、「決済する事」を意味してます。

日本では、楽天ペイやAppleペイなど、さまざまなペイがここ近年でスタートし、近い将来生活の一部になることは、間違いありません。

ペイの決済には、主に携帯電話のアプリを使用します。俗にいう「スマホ決済」と呼ばれるものです。

街での合言葉は、「スマホで決済お支払QRコード決済」

財布を持たない、クレジットカードを持たない、電子マネーICカードを持たない、携帯電話一つで暮らす生活が徐々にですが、はじまっています。

まだまだ現金で決済する人が多い世の中ですが、2019年10月から消費税10%になるタイミングで、新しく施行される、キャッシュレス決済によるポイント還元により、いよいよ現金決済から電子マネー決済へと時代が流れていくと思われます。

世の中の流れとして、生活の一部となる重要な出来事なのでこれを期にキャシュレスに移行していくことを強くオススメします。

まずは、基本的なお話から

スポンサーリンク

キャッシュレスとは何か?

具体的にキャシュレス化というのは、決済方法が主に三種類に分類されます。

・クレジットカード決済
・電子(IC)マネー決済
・Pay決済

cranky
キャッシュレス決済は、お釣りの渡し間違え防止につながり便利です。

クレジットカード決済

今、クレジットカードを持っていない人は、ほとんどいないと思います。(訳あってカードが作れない人を除きます。)

説明は不要だと思います。お店でのお買い物はもちろん、インターネットのお買い物にも使えてなくてはならない存在です。

私は楽天カードをメインカードとして使用しております。

楽天カードは、万能カードで、インターネットショッピングサイト「楽天市場」で使用すると、ポイントを2倍取り出来てお得な他、毎月お得なキャンペーンをおこなっている為、街のお買い物に利用してもお得にポイントが付きます。

ポイントタウン経由で楽天カードの裏ワザを使えば実質トリプルポイントになります。

電子(IC)マネー決済

電子マネーカードの利用率の高さもここ近年のお話です。

代表的な電子マネーといえば、セブンイレブンの「nanaco」

最近「7ペイ」に不具合があり不正にお金が流失され世間の人は、やっぱり「nanaco」が安全と認識したと思います。今後「7ペイ」に移行する人が増えるかどうかですね。苦戦すると思います。

どのカードにも大体Wポイント獲得の方法はあります。「nanaco」ポイントをチャージする際に「セブンカード・プラス」からチャージすれば、ポイントが2倍獲得になります。

セブンカードプラスは「ポイントサイト モッピー」からカード申し込みすると、ポイントも貰えて更にお得です。

ポイントサイト「モッピー」に登録して「セブンカード・プラス」を申込みしてみてはいかがでしょうか?

あともう一つ地下鉄で使える「suica」が代表電子マネーだと思います。

今では、コンビニやスーパー、薬局等幅広く使う事が出来ます。

cranky
私の住んでいる北海道では入手不可です!
道外に旅行に行った際に購入してみます!

Pay決済

「○○Pay」というペイサービスはたくさんあり、スマホ決済以外もあります。

その中で、主力となる【スマホコード決済】による支払いペイサービスをご紹介します。

その他、さまざまなペイサービスがありますが、スマホを使わないサービスはそこまで広がりを見せないと思います。

今後主力となるPay決済サービス
・PayPay(ペイペイ)
・LINE Pay
・楽天ペイ
・d払い
・au Pay

cranky
この5つのペイ決済サービスが今後主力となっていくと予想されます。
ここにあわせてよみたいを後で入れます。
スポンサーリンク

「楽天クレジットカード」と「楽天Pay」の違いは?

では、具体的に電子マネーカードやクレジットカードとペイ決済の大きな違いについて書いていきます。

楽天Pay決済のメリットは大きく2つ
・楽天ペイ決済はスマホ端末アプリで行なう為、カード自体を持ち歩かなくても良い
・楽天ペイ決済はクレジットカード登録可能なので、クレジットカードとペイ決済のWポイントがもらえる
楽天クレジットカードを普段利用している人は、絶対的に楽天ペイ決済を利用した方がお得です。
仕組み図を見ればわかります。
楽天Pay決済は、単純に楽天クレジットカード情報を登録し経由させるアプリだという事がわかります。
普段楽天クレジットカードで決済をしている人は、楽天Pay決済を使う事で、ポイントの2重取りが出来る為、メリットしかありません。
カード支払いメインの人は、ポイントを貯めて使う事が上手ですので仕組みがわかると思います。
スポンサーリンク

楽天Payが一番ポイントが貯まってお得

楽天ペイで決済した金額を対象に、200円で1ポイントの楽天ポイントが付与されます。
そして楽天クレジットカードを決済カードに紐付けしておくと、100円で1ポイントが楽天ペイのポイントとは別に付与されます。
仮に100円の商品を購入した場合
楽天ペイ 獲得ポイント=0.5ポイント
楽天カード 獲得ポイント=1ポイント

cranky
合わせて楽天ポイントが1.5ポイント付与されます。
Pay決済サービスはお店により使用できる種類が異なります。その中でも、群を抜いて、使用できるPay決済サービスは、楽天ペイとなってます。

cranky
今の所、使えなくて困ったお店は、セブンイレブンとユニクロです。
楽天ペイが使えず残念でした。

ペイ決済サービスはこれから普及する

今まだ決済サービスが出来る店舗が多いとは言えません。

その中でも決済出来る店舗が比較的多く使いやすい順番にランキング

Lineペイ
加盟登録店舗数No.1
コンビニエンスストアなど近くのお店でほとんど使える便利なスマホQRコード決済ペイです。
デメリットは、入金(チャージ)スタイルのペイの為、残高が無くなった際に、一回一回お金を入金しなければならないのが難点です。クレジットカード登録は出来るのですが、入金(チャージ)が出来ません。チャージ方法はこちら
・銀行からオンライン入金
・直接レジで入金
・セブン銀行から振込み
・オートチャージ(銀行残高があれば自動的にチャージされ続けます)使い方は、nanacoとそんなに変わらない感じです。
楽天ペイ
私がおすすめするスマホQRコード決済「楽天ペイ」は、第2位です。
オススメのポイントは、クレジットと紐付け出来て、楽天ポイントがWポイントでもらえる点が他のペイとは違いお得になってます。
楽天カード以外の他のクレジットカードとも紐付けする事が可能で、入金(チャージ)する面倒な管理が必要ない点も良い点です。
今の所、使えなくて大きく困ったのが、セブンイレブンです。楽天ペイをきっかけに、コンビニへ行くときはセブンイレブン以外に行くようになりました。
PayPay(ペイペイ)
スマホQRコード決済で一番派手にCMでキャンペーンを行なっているのが「PayPay(ペイペイ)」です。
使える店舗は、楽天ペイと同じくらいの店舗数です。
ちなみにPayPayは、セブンイレブンでも使えます!
PayPayも入金方法がLineペイと同じで基本入金(チャージ)型という点が難点です。
クレジットカードとの紐付けも可能ですが、指定のクレジットカードYahoo!JAPANカードならWポイントになります。
PayPayのメリットは独自のイベントが多い事です。ちなみに、2019年7月に行われているキャンペーンはランチタイムコンビニでお買いものPayPay(ペイペイ)払い10%還元をおこなってます。

これからの時代必ず「スマホコード決済」をおこなう事が当たり前となってきます。

cranky
登録料や年会費は無料なので登録しておく事をお勧めします!

よろしければポチッと応援よろしくお願いします。

積立投資ブログランキングに参加してます。

 

スポンサーリンク
スポンサー