「企業型拠出年金」サラリーマンは強制

「企業型拠出年金」とは

企業型拠出年金とは、企業が掛金を毎月積み立てて、従業員(加入者)が自ら年金資産運用をおこなう制度の事です。

企業が積み立てる=拠出する。だから企業型拠出年金といいます。
企業型確定拠出年金のポイントは3つ
企業が毎月掛金を従業員(加入者)の年金口座に積立あ(拠出)してくれる

従業員は年金口座に入ったお金で年金資産運用をおこなう

資産運用のプランによっては、将来受け取れる金額が変動する

cranky
企業型拠出年金は、働く従業員は自動的に加入する場合がほとんどです。
悪くいえば強制的に入らされます。
稀に選択制の企業があるようですが、自分の周りでは聞いたことがありません。
加入後従業員は、掛金をもとに、自分が毎月いくら積み立てていくのか?
金融商品はどの商品で運用するのか?を決定しなければなりません。
そして、60歳になった時に積み立ててきた資産を非課税でもらう事が出来る流れとなってます。

cranky
資産運用に興味が無い人には何を言ってるかわからないと思います。
企業型拠出年金は、会社の退職金制度の枠内あるという特徴があります。
枠内ということは、退職金の一部という事です。
(これが退職金をという企業もあります)勤続年数が多ければそれだけ積立金が多くなるシステムです。

cranky
企業型拠出年金基本ルールはざっくり言うと、こんな感じです。
・企業がルールに基づき毎月従業員個人の年金口座にお金を積み立ててくれる
・従業員は、それを好きなように運用できる
・将来60歳になった時の退職金になる

cranky
いい事ばかりですね!
ここまでは、いいお話です。60歳になったら積み立てたお金を退職金としてもらう事ができます。
その一方でデメリットも当然あります。

cranky
裏があると思ったよ・・・
そのカラクリとは・・・・

企業型拠出年金のデメリット

・60歳まで働くことが出来ない(終身雇用の時代は終わり)
・転職した先が企業型拠出年金をおこなっていない場合
・積み立てているお金は自分で資産運用する為損益が出る
・資産運用に興味がない人は、上手く運用出来ない
60歳まで働く事が出来る環境ならば問題ないのですが、果たして今のご時世で定年まで働けるか不安です。

cranky
正直将来の事は、どうなるかわかりません。
いつ退職するかわからない将来の為に、知識をつけておく事が大切です。
企業型拠出年金をおこなっている企業に就職するとサラリーマンには避けて通れない道ですので、よく仕組みを理解しておきましょう!
仕組みを理解していないと損をします。
難しい話は抜きにして簡単にデメリットを避ける方法を説明します。

資産運用は自分で行う方がいい

企業型拠出年金は、資産運用です。
正確にいうと、自分で運用プランを選び証券会社に運用してもらうが正確な答えです。
企業が申し込んだ企業型拠出年金を取り扱う証券会社から、10種類以上の資産運用プランが提示されます。
少し厚めの運用プラン説明書を渡され、自分で読みどの運用プランでいくかを決めて申し込み用紙に記載し提出します。
プランの内容は、ローリスク&ローリタンからハイリスク&ハイリターンまで様々です。
正直言って書いてあるプラン内容が将来性があるのかよくわかりません。
国内のプランがあったり、外国通貨のプランがあったり色々あるんですがチンプンカンプンです。

cranky
正直わかるはずありません。投資家じゃないので難しいですよね!
恐ろしいのが、その訳がわからない資産運用をする事なんです。
運用の将来性がわからない、内容を理解しないで契約するという事です。
みんな認識が軽く、元々会社から支給されている「ないお金」という意識の人が非常に多い事です。
自分のお金じゃないという意識を持つ人が多いという事に驚きです。
「企業型拠出年金=退職金の変わり」という事を理解してないですね。

cranky
つまりそのお金は、あなたの退職金です。
そのお金をよくわからないプランの運用に使い、全て証券会社に一任しますので、ただただ見守るだけです。
結果に対して文句は言えません。一任していますのでそれは、お門違いです。
上手くいって、将来多く受け取っていいる人がいたらあやまります。すいません。
でもそれは、宝くじ同じ運まかせに過ぎないと自分は認識してます。

cranky
もらえるお金は、少額でもそのまま退職金としてもらいたい!
それが自分の正直な気持ちです。
資産運用するなら自分がしっかりと内容を理解して行えば問題ないのですが、証券会社のオススメする資産運用プランは難しいですよ。
年一回のハガキが来て、なんとなく「今こんなに金額貯まってるんだ〜」って思うのが目に見えてます。
関心が無いから流す程度にしか感じないと思います。
運用が上手くいって無くても興味が無いので問題なしです。
そこが運まかせと感じる所です。

オススメはローリスク&ローリターン

資産運用は自分で行うものです。企業型拠出年金はどうも証券会社まかせで、自分で運用している気になりません。
企業型拠出年金運用オススメプランは、最終的に60歳でもらう時総資産の85%位になっちゃうと思いますが、ローリスク&ローリターンのプランにするのがオススメです。
被害を最小限に抑えて確実にもらう事をオススメします。
5000円分毎月会社から年金貯金されて30年で180万円
その内、管理費などの手数料で15%取られたとしても、153万円非課税でもらえます。
それでいいじゃないですか、老後の生活の足しにしましょう!

これが、ハイリターン&ハイリターンで増えてればいいですけど、減った場合、損した気持ちになります。

cranky
地道にコツコツが大事です。

注意事項

企業型拠出年金は追加で自分も給与から年金貯金出来ます。企業により金額の上限・下限が違いますが、これもオススメしてません。
給与からいくらか年金貯金へ入れるのが立場上やらなきゃいけない場合など、なかば強制的な企業であれば仕方ないですが、基本、資産運用プランの内容を理解していなければ、その資産運用は運まかせになります。
資産運用をしたければ、内容を理解した資産運用方法を選んでください。

cranky
私がおすすめの資産運用はこちら

cranky
資産運用は自分が納得している将来性が望める運用を心掛けましょう!

よろしければポチッと応援よろしくお願いします。

積立投資ブログランキングに参加してます。

 

スポンサー