企業型拠出年金のデメリット

企業型確定拠出年金とは

企業型確定拠出年金またの名を企業型DC言い、企業が掛金を毎月「従業員年金口座」に積立(拠出)し、従業員(加入者)は、自分で年金資産運用を行う制度です。

企業型確定拠出年金制度をおこなっている会社に入社した社員(サラリーマン)は、なかば強制的に企業型確定拠出年金に加入させられ資産運用を強要されます。

cranky
企業型確定拠出年金制度と言われても、ピンとこない人が多いと思います。

企業側から企業型確定拠出年金制度についての説明が入社ご行われ、意味がわからないまま、「はい、わかりました。」と言ってしまう人がほとんどではないでしょうか?

この記事ではサラリーマンの為に簡単にサラッと説明します。

企業型確定拠出年金のメリット・デメリット

メリット・デメリット

cranky
まずは、簡単に「いい事」「悪い事」を表にまとめます。
企業型確定拠出年金 メリット

企業が毎月従業員の年金口座にお金を積立してくれる

60歳の時に退職金の変わりとしてとして受け取れる

60歳の時退職金として受け取る場合、退職所得控除、公的年金等控除の対象となり非課税で丸々運用して積み立てたお金を受け取れる(手数料は除く)

貯蓄・貯金意思が弱い人は、希望すれば自らの給与からも自動的にお金を積み立てれる

運用する為に給与から積み立てたお金は全額非課税になる

企業型確定拠出年金 デメリット

原則60歳までお金を現金化出来ない

運用プランがよくわからず運用する事になる

元本保証型を選ばなければ、資産運用する為、元本が保証されておらず手取りが減るリスクがある

非課税項目が増え、社会保険料支払いが少なくなる為老齢年金受給額が減額される

給与からも自動的にお金を積み立てれるが、積立額面は基本年一回しか変えれない

サラリーマンは強制で入らなければならない

基本加入は任意のようですが、企業型確定拠出年金制度をおこなっている企業は、入社の際に企業型確定拠出年金への加入を強くすすめてきます。

当社の社員はみんな入ってます。
定年退職の際の退職金にあたる制度です。
将来会社が積み立てたお金をすべて受け取る事が出来ます。
など、メリットを言って入らせます。
会社にとってのメリットが大きくある為、サラリーマンは入社の時企業型確定拠出年金に入るのが、ほぼ強制となります。
会社の事業説明や業務内容の説明など、1対1の面談場面で「企業型確定拠出年金」を説明してきますので断る勇気のある人は少ないです。

「企業型確定拠出年金」企業側のメリットとは?

大手企業が「企業型確定拠出年金」をおこなっているには、当然メリットがあるからです。

企業側の企業型確定拠出年金 メリット

社会保険料の削減が見込める

ほとんどコストをかけずに社員に福利厚生(企業年金)を提供できる

退職金変わりになる為退職給付債務そのものを無くす事が出来る

社員が途中退職した場合の手続きは、退職者が個人で手続きを行う為、事務の負担が少ない

cranky
一番の狙いは「社会保険料の削減」ですね!

サラリーマンは諦めて企業型確定拠出年金に、入ってください。

結論を申し上げます。

「企業型確定拠出年金制度」を福利厚生で入れている会社に入社した場合は、諦めて「企業型確定拠出年金」に入ってください。

その会社にいる間は、会社から掛金を毎月「従業員年金口座」に積立してくれるので、プラスにとらえて勤続年数分積立してもらいましょう!

 注意としては、資産運用方法を間違えると損をします。

「企業型確定拠出年金制度」の資産運用プランには、「ハイリスク&ハイリターン」のプランや「ミドルリスク&ミドルリターン」のプランなどさまざまな資産運用プランが用意されています。

入社時、企業型確定拠出年金を申し込む際、申し込みと同時に最初どの資産運用プランにするかを選択しなければいけません。

最初はどの資産運用プランにするかを迷うと思います。

正直どの資産運用プランを選んでも、結局は他人まかせ(証券会社まかせ)で、どのように資産運用すればいいのかがわからず、どんどん時が過ぎていきます。

cranky
おすすめは、「ローリスク&ローリターン」の安心安全プランです。

結論 資産運用は自分でおこなわなければいけません。

資産運用

60歳の時にもらえるお金を最大限に確実に残す方法は、「ローリスク&ローリターン」の安心安全プランを選ぶことです。

資産運用方法がよくわからず、証券会社の人がおこなう運用結果に対して特に文句も言えずそのままを受け入れる。

cranky
自分の将来の「退職金」がそのような事でいいのでしょうか?

cranky
「資産運用」をおこなうなら、自分で理解しておこなう事が大切です。
「資産運用」といってもたくさんの種類があります。

cranky
老後の未来の貯蓄は、自分の管理でおこない将来に向けてのゴールビジョンを持つ事でやりがいが生まれます。
毎日を楽しく理想の資産運用をしていきましょう!

よろしければポチッと応援よろしくお願いします。

積立投資ブログランキングに参加してます。

 

スポンサー