確定拠出年金

【企業型確定拠出年金】サラリーマンは、ほぼ強制加入です。

サラリーマンは、入社した会社が福利厚生の一環として企業型確定拠出年金制度をおこなっている場合、半強制的に企業型確定拠出年金へ申し込みをおこないます。

メリットとしては、毎月会社規定の額面を加入者(従業員)の年金口座に拠出(貯蓄)してくれる為、自分が60歳になった将来に、資産運用された貯蓄金を非課税で受けとることが出来るということです。

会社にお世話になっている間、毎月コツコツお金を積み立てくれる会社に感謝しましょう!

 会社が積み立ててくれる他に、自分の給与からも指定金額を積み立てる事が出来ますが、自分のお金を企業型確定拠出年金で資産運用しようとするのはあまりオススメしておりません。
自分のお金を企業型確定拠出年金で資産運用するデメリット

×貯蓄しても60歳まで引き出すことが出来ない

×資産運用は、基本的に証券会社におまかせ

×資産運用で資産が増えるかどうかは不透明

×積み立てた額面より損益(マイナス)になる場合がある

この中でも一番のデメリットは、必要なときにお金を引き出せないのは、不便です。

cranky
今のご時世、何があるかわからないからいざという時お金がおろせないのは不安ですよね!

企業型確定拠出年金は会社を退社しても途中解約できません。

やめれません

なんと企業型確定拠出年金は、一度申込みすると60歳まで途中解約する事ができません。

 解約はできませんが、手数料が毎月引かれ続けて資産がゼロになり消滅することはあります。

cranky
ここが、ポイントです。国または、契約している証券会社が利益になるシステムになってます。

退職後も個人に切り替えて資産運用する

そんなお世話になっている会社を辞める時がいつか必ず来ます。

一つの会社に60歳まで働ける保証もなく、終身雇用する時代は終わりを告げました。

60歳前に退職した場合三つの選択肢があります。

再就職探しをする

自分で事業を起こす

再就職しない、アルバイトをする

あと、60歳前退職後にまったく働かないという選択肢を選ぶ人はあまりいないと思い外してます。

再就職の時、雇用先が企業型確定拠出年金制度をおこなっている場合、いない場合で、どの様に手続きが変わるのかをご存知でしょうか?

間違った手続きをおこなってしまうと、せっかく前職で資産運用して貯蓄したお金が手数料だけでどんどん減っていきます。

60歳で満期になり必ずもらえるお金ということを意識してください。

最良の方法で手続きを行い、少しでも多くお金を残せるように勉強しましょう。

再就職が企業型確定拠出年金制度をおこなっている場合

はい

再就職で企業型確定拠出年金制度をおこなっている場合は、そのまま資産運用を引き継げます。

企業により毎月の拠出額が違うため今までの額面とは、違う金額かもしれません。

でも確実に毎月働いている分貯蓄されます。

必ず会社から説明があると思いますので必ず引き継ぎの手続き行いましょう。

再就職先が企業型確定拠出年金制度をおこなっていない場合

いいえ

再就職先が企業型確定拠出年金制度をおこなっていない場合あるいは、自分で新規事業を立ち上げる場合は、6ヶ月以内に個人型確定拠出年金へ移行申し込みをおこなわなければなりません。

cranky
6か月以内におこなわなければどうなるか?は後で説明します。

個人型確定拠出年金は、イデコ(iDeCo)と呼ばれ、自分で証券会社を選んで申し込みをおこないます。

各証券会社によって、毎月のかかる運用費用(手数料)が違います。

楽天証券HP

私がオススメは、楽天証券がオススメです。大手企業でもあり!毎月の手数料も最安値でお得に資産運用出来ます。

楽天証券ホームページ移行後、右上の〇で囲っている部分に、個人型確定拠出年金イデコ(iDeCo)のページがあります。手続きはこちらからおこなってください。

楽天証券

資料参照:楽天証券ホームページより

他の証券会社を比べてみればわかりますが、毎月の手数料が167円というのは業界最安値です。

個人型確定拠出型年金に移行後は、いままで積み立てたお金がこれ以上増える事が無いと思ってください。

cranky
個人型に変更後は自分が毎月積み立てない限り資産は増えていきません。
後は、いかに残った資産に対して毎月少なく手数料を支払い、60歳の時に残高を受け取るかに徹するだけです。
 証券会社を決めたらもう他の証券会社に移行する事は考えないでください。再就職の際は仕方ありませんが、基本的に一度申し込んだ証券会社から移行するにはお金(手数料)がかかります。楽天証券は移換手数料として税込4320円取られてしまいます。

確定拠出型年金制度の手数料

デメリット

企業型確定拠出年金制度も個人型確定拠出年金制度も毎月必ず手数料がかかってます。

企業型確定拠出年金制度は、企業が全額負担のため直接支払うことは、働いている限りありません。

反対に個人型確定拠出年金制度は、自分で選んだ証券会社へ毎月運営管理手数料を支払わなければいけません。

毎月かかる手数料は、以上となりますが、別にかかる初期費用があります。

加入時・企業型からの移換時にかかる手数料

会社を退社後自分で個人型確定拠出年金に加入する時に、「国民年金基金連合会」という国が管理している年金連合会に移行の手数料を支払わなければなりません。

これは、どこの証券会社でも共通で国に支払われます。金額にして税込2777円+証券会社への手数料

cranky
国はここからもお金を徴収して利益を得ています。
ちなみに、楽天証券に毎月支払う手数料167円のうち、103円が国の年金連合会に支払う分の手数料となってます。

cranky
早くいえば確定拠出年金の制度は、加入者が増えれば増えるほど国が儲かるシステムです。
サラリーマンは会社都合で加入させられる被害者なのです。

会社を退社後6か月放置は一番ダメ

一番ダメ

では、会社を退社後、特に何もしなく企業型確定拠出年金で貯まったお金を放置していた場合どうなるかを説明します。

会社を退社する時に、必ず個人型確定拠出年金イデコ(iDeCo)への移行を説明されます。

しかし、退社後の手続きが面倒になり6か月放置していると、国が勝手に「国民年金基金連合会」の仮預かり口座に自動移換されます。

cranky
「国民年金基金連合会」の仮預かり口座に自動移換されると、勝手に移換手数料が発生します。
移換手数料は以下の通り
特定運営管理機関手数料 3240円
連合会手数料      1029円
合計          4269円
6か月放置すると資産から強制的に4269円引かれてお金を仮預かりされます。
その4か月後つまり、放置して10か月後から毎月51円づつ管理手数料が資産よりひかれていきます。

最後のここが大問題です。

「国民年金基金連合会」にお金を仮預かりされたままだと、60歳になった時にお金を引き出せません。
引き出すためには、証券会社の個人型確定拠出年金イデコ(iDeCo)に加入申し込みをおこなわなければなりません。
個人型確定拠出年金イデコ(iDeCo)への申し込み手数料がかかる為、引き落とし前に税込2777円を「国民年金基金連合会」に申し込み手数料として支払わなければなりません。

cranky
「国民年金基金連合会」は、どんだけお金を徴収すれば気が済むんだ!
つまり、会社退職後確定拠出年金を放置しておくと、無駄に「国民年金基金連合会」にお金を支払う事になる国がうまくお金を徴収できるシステムとなってます。
確定拠出年金を移換手続きをしないで、「国民年金基金連合会」に仮預かりされている数が、約30万人分と言われてます。

cranky
金額にして資産総額約1400億円分のお金が仮預かりされた状態です。
チリも積もれば巨額のお金になる!自分の退職金のお金という事を忘れないでください。もったいないです!

放置が一番良くない!

だめ
会社を退職後、証券会社の個人型確定拠出年金イデコ(iDeCo)に加入申し込みをおこなう事の大切さをわかっていただけたでしょうか?
自分の退職金が無駄な手数料で減ってしまう事の悲しみ・・・・
結局、最終的には証券会社の個人型確定拠出年金イデコ(iDeCo)に加入申し込みしないとお金が引き出せません。

cranky
無駄な手数料を払うのはもったいない!
会社退社後は速やかに証券会社の個人型確定拠出年金イデコ(iDeCo)に加入申し込みをおこないましょう!

よろしければポチッと応援よろしくお願いします。

積立投資ブログランキングに参加してます。

 

スポンサー