ふるさと納税 返礼品はどう変わるのか?

世の中、ふるさと納税=返礼品がもらえてお得!なのは変わらないのですが、納税額に対しての返礼品の品揃えが変わる可能性が高いです!

cranky
具体的にふるさと納税のルールがどう変わるの?

2019年6月から、各自治体に国から返礼品規制がかかり、返礼品のルールが少し変わります。

  • 各自治体は宣伝、送料などの経費に上限が設けられる。
  • 各自治体は返礼品が、寄付額の3割以下の「地場産品」に限定される。

この新しい認可制度により2019年6月より返礼品の種類が減るかもしれません。

規制が始まった理由としては、「勝ち組の自治体」と「負け組の自治体」に割れてしまったことが大きな原因の一つで、ふるさと納税による節税が当たり前になって来たことで、住民税の控除が多く、高額の返礼品を出している自治体に流れやすくなっているのが現状で、競争が激しくなってきた所を、ルールを改正し統一ルールでおこなうように公平にしました。

注意点としては、返礼品の還元率3割を超える違法自治体への納税は無効になります。あと、プリペイドカードや商品券・マイルなどの金銭類似性(返礼品で品物が買えてしまう現金の変わりになる物)の返礼品として扱うのは禁止になります。ポイントも規制されると発表されてますので、楽天ポイントとTポイントどうなるかというところです。

スポンサーリンク

ふるさと納税 今後返礼品を選ぶポイント

2019年6月より、各自治体の返礼品がリニューアルされると思います。

ふるさと納税サイトをじっくり見て、自分の好きな返礼品を選ぶ楽しさがありますが、初心者としては、情報が無いと心細い人もいると思います。

参加自治体1400以上の自治体があり慣れていないと膨大な時間がかかります。

人気のある返礼品は基本的に毎年変わらずあまり変動がないので、ぜひ参考にしていただければと思います。

ふるさと納税返礼品を選ぶ際に一つの目安となるのは、返礼品の還元率です。

cranky
還元率とは、なんですか?

還元率が高いほど、商品価値が納税金額に近く、お得な返礼品となります。

新しい認可制度になり、ふるさと納税に参加する自治体が少なくなる予想です。新しい制度では、最大還元率が納税額の3割と決められてますので、どうせなら還元率MAXの3割の返礼品を目指して納税しましょう!

どのように変わるかは、まだわかりませんが、人気の返礼品をご紹介します。

自分が欲しい返礼品でも、還元率が低い商品は無理して返礼品として申し込むのはやめて、実際に自分で普通に購入した方がお得という事になりますので必ず、商品の定価がわかる物を選んで還元率を調べてから申し込みましょう!ぜひ参考にしてください。

商品還元率の出し方

商品の価格÷納税金額×100=商品還元率 30%に近ければお得!

 

返礼品でダントツNO.1人気は「お米」

日本人なら食卓欠かせない主食がお米ですよね!お米を買わない人はほとんどいないと思います。生活費の中でも購入する時、「よし米買うか」と気持ちを引き締めて購入している人多いと思います。それ位重要で、生活での消費は多いお米は大人気返礼品です。日本人なら間違えなく優先順位の上位に来ます。

新米のお米の申し込みは5月下旬位からが多いため、焦って年初めに申請しない方が、新米を狙うチャンスがあるのでおすすめです。

 

これも大事!お父さんいつもお疲れ様です。「缶ビール」

夜の食卓の必需品と言えば、缶ビールも必須です。あって困らないものでもあります。

ビールは、大手銘柄のビールや地ビールなど、結構いろいろな自治体で返礼品として出してます。

もちろん、還元率がわかりづらい地ビールには行かず、大手もビールメーカーの商品を購入するのがオススメです。いっぱいあるからといってすぐにたくさん飲まない様に気を付けてください。

ふるなびのアサヒスーパードライが最安値で350ml×24缶で15000円位だったと思います。

 

消耗する日用品もおすすめです!

日常生活の中で必ず消耗する商品「ティシュペーパー」と「トイレットペーパー」です。

もちろんふるさと納税返礼品としてございます。

ただ、量がハンパない!!テッシュペーパーは60箱ぐらい来ます 😯

この年のテッシュ1年分が来ます!

トイレットペーパーは、95ロールくらい位来ます 😛

どちらも、収納できる場所があればOK!なければどうしましょうか? 🙁

 

番外編おすすめ返礼品

cranky
注目!僕の一番おすすめは電化製品に注目してます!

返礼品の還元率が悪くなるのは間違えなく確定です!

考えを変えれば、3倍の値段で商品を買うという事です。

それは国が定めた事なので仕方ありませんが、返礼品の還元率の差が無くなれば、食品・消耗品の納税金額があがり、サラリーマンの年収ではほとんど納得のいく返礼品がなくなるというのが自分の見解です。

cranky
その中で、電化製品に注目してます。

電化製品は、食品や消耗品と違い大事に使えば長く使用する事が出来ます。その価値は使用者が大事に使えば、価格以上の価値になると思います。自分は2019年6月から規制がかかる事をずっと考えてます。

 

そこで、電化製品が返礼品として多くある

ふるさと納税サイト「ふるなび」がおすすめふるさと納税サイトになります!


上記に書いてある通り「ふるなび」の特徴は、電化製品の返礼品が多くあるのが特徴です。
ふるなびに登録されている自治体が地元の工場で作られた返礼品をお届けしたいとの声にお応えしたのがふるさと納税サイト「ふるなび」です。その為、電化製品を返礼品にしたいという事業者がたくさん集まった特徴あるサイトを生み出しています。

スポンサーリンク

ふるさと納税をはじめましょう

牛肉やフルーツなどの返礼品も人気ですが、節税と節約を意識した生活をするのが大事だと思います。

ふるさと納税は、計算式による納税金額の算出額-2000円分が減税になります。

減税になるという事は、お金を貯蓄に回せるという事です。貯金とは、創意工夫でお金を絞り出し節約して輩出したお金です。そのお金を将来の事を考えて、資産運用に回すのが賢い選択です。銀行の利息では資産は増えない時代です!資産運用をする事をお勧めいたします!

スポンサーリンク
スポンサー